ワンワン…ありがとね(TдT)

一生懸命悲しさをごまかそうとしていますにゃむすんです。こんばんわ。


とうとうワンワンまで天国へ旅立ってしまいました(T_T)

昨日の夜寝返りも打てずにぐったりしていて、ミルクをあげようとしても全然反応が無かったので嫌な予感がしていたのですが、その予感が的中してしまいました…。


目が覚めて玄関の門を開けに行ったら、もうそこにはワンワンの姿はなく、伯母さんから聞くまでもなく一瞬で状況を把握しました。

ベトナムの犬にしては長寿の10歳で、にゃむすんが一時帰国した9月初旬までは本当に元気で、たまにメス犬に乗りかかってるぐらいだったのに、にゃむすん帰国した10月半ばにはボロボロのおじいちゃんになっていました(~_~;)


たぶんその間に感染症にかかり、しばらくの間ひどい鼻水と目やにが続いて、それが治ってからも痙攣が止まらない状態で脚力もどんどん落ちてきて、斜行するようになってしまっていました。

治ってからもウイルスはかなり長い間体内に残るらしく、そのウイルスがおそらくタンタンにも感染ってしまったのだと思います。


ワンワンが子犬の頃、なぜかおしっこを旦那さんの部屋でばかりしていて大変だったんだよとさっき旦那さんが話してくれたのですが、
わたしの知っているワンワンは紳士で優しくて、最初は触ろうとすると唸られたりもしてたけど、ブラッシングをしてあげたり、いつも新鮮なお水をあげるようにしてたら、そのうち外に出る時はいつも近くで見守ってくれるようになりました。

ヨボヨボで斜行してても歩けなくなるまではしっかり外でトイレしてたし、寝たきりになって下の世話をしてても、自分のこの状況を許せないようなプライドを感じたり、とにかくすごく立派な“犬”でした!


今日は従兄弟の誕生日パーティーで、いつもだったら鳥の骨とかをワンワンたちのお土産に持って帰ってたのですが、もうその必要もなくなってしまって心にぽっかり穴が空いてしまった感じです(。•́ - •̀。)

家で宴会の時は一番お肉を分けてくれそうなにゃむすんの後ろにピッタリとくっついて離れなかったり、ちょうだいと前足でカリカリしてきたワンワンの姿を思い出します…ワンワ〜ン。゚゚(*´□`*。)°゚。

DSC_1243-1920x1080.jpg

天国にはクンクンもデンデンもタンタンもいるから皆で仲良くするんだよ!

ワンワン、今までありがとね!
大好きだよ〜(´•ω•̥`)♡

この記事へのコメント